身近な製品にアスベストが使われています!
アスベストが使われている製品の数は3000種以上

アスベストは、耐熱性や絶縁性、耐薬品性にも優れ、また繊維状のため、糸や布に織り上げることができ、曲げやひっぱり、摩擦に強く、産業機械、化学設備、家庭用品まで幅広く利用されてきました。大きくは工業製品と建材製品に分けられ、9割が建材製品として重宝されています。

アスベストが使われている製品の数は3000種以上。 建設材として、ビルや学校、集合住宅などの屋根や壁、床、内壁、柱など身近なところで使用されるアスベスト。主に以下のような使用例があります。


工業製品

自動車のクラッチ、ブレーキの摩擦材、プラントのポンプなど


建材製品

ビルや工場の煙突内部などに使用される断熱材、石膏ボード、建物の外壁や屋根などに使用スレート波板、ボイラーや空調設備のダクトの継ぎ目部分などに使用される保温材や耐火被覆材など



アスベスト飛散性が高いもの

中でも、原則1975年に禁止された、セメントなどの結合材と混ぜて、鉄骨材の耐火被覆、空調設備などの吸音・断熱材として吹き付け施工された「吹き付けアスベスト」は劣化や解体・加工などにより、最も飛散性が高いものです。比較的規模の大きい鉄骨造の建築物の耐火被覆として使用されている場合が多くあります。

一方で、板上に固めたスレート板や、天井裏・壁の内部にある吹き付けアスベストからは、通常の使用状態では飛散の可能性は低いと考えられています。



一般住居や家庭用品の危険性は?

また、メンテナンスも欠かせません。地震時のリスクに備えた耐久性の診断や、材質の変化状況、内部の損傷・劣化を調査し、診断結果に基づいた補修や改修工事を施していくことが、安全に、長期的に煙突を使用していく重要なポイントです。

一般の住居でも、台所まわりの天井・壁や、バルコニーの隔壁など、耐火性能を必要とする部分に使用されていることがあります。リフォームなどを行なう場合には注意が必要で、法に従い然るべき処置を行なうことが大切です。しかし、家庭用品のような、機器内部のパッキンなど摩擦材として使用されているケースについては、成型されているものであり、通常使用での飛散性は極めて低いとされています。



アスベスト含有建材の見極め方

事業所や、所有のビル、施設において、アスベスト含有建築材が使われているか否かは、建材メーカーが明らかで、年代などから判断できる場合もありますが、その判別が難しい場合は、非常に微細な繊維形状であるために、目視で判断することは不可能です。労働安全衛生法に基づき、分析や濃度測定をする場合には、相応の知識と一定の設備が必要で、作業環境測定士や、作業環境測定機関での分析が必要です。

調査の結果、アスベスト含有建材の使用が確認されれば、状態に応じて、「除去」「封じ込め」「囲い込み」の処理を行なうことになります。



アスベスト対策工事、ダイオキシン対策工事、土壌汚染調査、 解体工事などに伴う専門工事は、エコ・テックへ。